ミュウツーの逆襲 evolution

今年の残りは面白いこと沢山しようと企んでいる

 

 

 

 

2019年、試験勉強で陳腐に時間を浪費したこと、結構後悔してる

 

 

 

 

まぁなんでも経験してみないとわからないので其れは其れとして良き哉

 

 

 

 

 

そう、普段の平日はフルワークやから、休日は話の肥やしになるような、周りがあんまりせーへん体験をいろいろしたいな、と思ってる

 

 

 

 

 

せやから、連休の初日8/9(土)

 

 

 

 

初のソロ映画館鑑賞に挑戦!

 

 

 

 

場所はお隣、吉祥寺のオデオン

 

 

 

 

この夏、気になってる映画がたくさんある

トイストーリー、天気の子、ドラクエ、アラジン

その中でもチョイスしたのは

 

 

 

 

ミュウツーの逆襲 evolution」

 

f:id:hama527:20190811174426j:image

 

 

実はこの映画、なんと人生で初めて映画館で観た映画でもある

 

 

 

 

小学校1年生の時、

「夏休みに入ったら観に行くんだ〜!」

って担任の田路先生に言うてた

それめっちゃ覚えてる

 

 

 

 

1学期の終わりの日、家帰ってから姫路の映画館にへ母と姉と観に行った記憶がある

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、ミュウツーの逆襲evolutionの感想をちょこっと

 

 

 

 

いいね、21年前の夏の記憶が蘇った

 

 

内容はほとんどは覚えてなかったけど、

たしかこんなシーンやった(たぶん)みたいな感じで、次のシーンは何やったっけ?って思いながら観れた

 

 

キャラ、音楽、ストーリーに変なアレンジもなく、純粋に楽しめた

 

 

 

 

一番良かったシーンは言わずもがなですが、最後の

 

 

サトシがコピーポケモンとオリジナルポケモンの殴り合いを止めるために、

「もうやめろーーー!!!」ってミュウツーとミュウのバトルの仲裁に入って、攻撃が直撃して石化してしまうシーン

 

 

 

 

そこからピカチュウが必死に何回も、でんきショックでサトシを助けようとするシーン

 

 

 

あの切なさと必死さと愛

 

 

 

あれは誰もが号泣する

 

 

 

全編3Dやったんやけど、振り返って思い返そうとしても2Dの画しか思い出せんね

子供の時のイメージってすごいー

 

 

 

 

さて、もうすぐ姫路駅

今晩は地元の居酒屋で高校の友達と遊戯王しまーす笑

 

 

昨日の夜は準備が大変だったぜ

とりあえずデッキ4つ

 

 

f:id:hama527:20190811175735j:image

 

最近のこのブログ、この人は小学生に戻ってしまったの?みたいな内容やね笑

 

 

 

【ここから8/12追加】

 

実家で遊戯王カード探してたら、

21年前のミュウツーの逆襲のシーンのカード?が出てきた笑

なぜこんなのがある?

すごくタイムリーで驚き!

 

 

f:id:hama527:20190812231526j:image

f:id:hama527:20190812230213j:image
f:id:hama527:20190812230222j:image
f:id:hama527:20190812230241j:image
f:id:hama527:20190812230248j:image
f:id:hama527:20190812230232j:image
f:id:hama527:20190812231100j:image
f:id:hama527:20190812230205j:image

 

たしかに、evolutionにもこんなシーンが全く同じく全部あったよ!!!!

 

 

 

作中でも「オリジナルとコピーに優劣などない!どっちもいまは生きてる!」って何度も言うんやけど、

本作もオリジナルを完全コピーして優劣ない!!ってな感じにように作られてるんや(自己解釈)

 

 

てか余談やけど、↑みたいにカードとか写真をデータ化するgoogleフォトスキャンというアプリが凄すぎて感動した

 

 

 

昔のアルバムの写真もデジタルデータ化できる

便利だなぁ

 

 

 

さて明日は久しぶりの神戸!

 

いわもとみかとか久しぶりやな!!

楽しみだな

 

明日から仕事の人、頑張ってくださいねー

では

 

 

 

【さらに追記】

実はこの映画、大人になってから観るとどうしても気になる矛盾点とか、キャラの心境を考えさせられるシーンがある

 

 

・バトル至上主義のポケモンの世界で、バトル大好きのサトシがコピー対オリジナルのバトルに対して、やめろこんな無駄なバトルはー!ということ

 

・ずっとふわふわ笑って浮いてたミュウが、ミュウツーが喧嘩を挑んでくると、バチバチ本気で全力で応戦すること

 

 

・サトシのピカチュウだけなぜか応戦しないこと、それまでピカチュウを一方的に叩いていたコピーピカチュウも、徐々にほんとに哀しい表情で嫌々ピカチュウを叩くところ

 

 

ニャース達だけがバトルせず達観し、満月を愛でること

 

 

それらなど含めて、本作脚本を担った首藤さんのコラムで解説があり、なぜミュウツーの逆襲はこういう筋書きになったかを解説してるので、興味ある方はどうぞ

 

http://www.style.fm/as/05_column/shudo179.shtml