人生はクローズアップで見ると悲劇、ロングショットで見ると喜劇

「意識なくなるってどんな感じ?」

と尋ねられるることが多いので書いてみる

 

 

一言で表現すると、怖い

 

 意識がなくなる直前って、痛くもないし、苦しくもない。

 

ただ、「止まれ~やめてくれ~~」という思いに逆らって、視界とか聴覚とかの感覚が閉じていくこと事が恐ろしい。

 

Windowsをシャットダウンしています。電源を切らないでください」

に似たような状態

 

 

自分ではどうしようもない中、「電源切れていってるな~」といった感覚。

 

 

 

 意識がなくなる前に、周りに人がいるときは、

「ああ、この人達は、俺をどう見ているのだろう」

「ぶっ倒れたあと、助けてください」

と、考えたりする

 

 

 

それが何度かあって次第に倒れること自体に慣れてくると、

「またか。。次こそ二度と目を覚まさないとかなったらどうしよう」

とか先を心配する余裕があったりする。

 

 

 

「意識不明」とは、自我はあるのか、完全に消えているのか?

「完全に消える」とはいったいどんな感覚なのか?

「消えた」と考える意識すらもまた、消えていく

なんせ、心細く、恐ろしい。

  

 

入院中、手足縛られ状態で目が覚めた時、

周りに看護師や家族や医者がいて、アラームが鳴り響いているとき

「助けてくれ!俺はまだ働けるから!!税金もすげえ納めていくから」とか言ってたらしい。

自分でも怖すぎる怖すぎる怖すぎる

身内が苦しんでそう叫んでいる場面に直面したら、涙が出る

 

 

 

今思うと、意識がない中でそんなことを喚いて、暴れるなんて、怖すぎる

 

 

人間が最後の最後に見捨てられないためには、

「自分は社会にとって必要な人間です。役に立てます。」

と必死で無意識に主張するのかもしれない。

 

 

 

それでもまあ、当時は「最悪だ、、なんで俺がこんな目に、、」

と思って、気持ちが塞がっていたことも、今はこうやって人に話せるネタになるくらい落ち着いてるわけで。

 

 

「人生はクローズアップで見ると悲劇、ロングショットで見ると喜劇」という言葉のとおり、日々の生活の中で辛いこと・苦しい事があっても、後から長い目で、今年一年というスパンで、26年間というスパンで見ると、辛いことも、俺だけの特異な経験だったなと思える。